ブログBlog

[ 博多南支店ブログ ]

Mokuzo-(木造)

世界に現存する最古の木造建築物は、1400年ほど前に建てられた『法隆寺』だと言う。
湿度の高い、温暖湿潤気候に属する日本において、なぜこんなことが可能であったのか・・・。
西.jpg
木は何千年も生き続ける強い生命力を持ち、
伐採後も育ってきた年月と同じだけ行き続けると言われている。
製造されたときから劣化が始まる鉄やコンクリートにたいして木は伐採後も強度が維持される。
たとえば、ヒノキは伐採されてから200年の間は曲げや引っ張り強度が少しづつ増大し、
その後約1000年かけてもとの土に戻るという。
木を建築素材に選んだ先人たちに心より敬服する。
HINOKI.jpg
また、日本の建築史において建物に求められた目的は、第一に雨を凌ぐこと。それから風を制御すること。
それを考えると、軒の深い屋根を持ち、ほぼ全開口の建具を持って外壁とする日本の家の姿がみえてきそうだ。
桂離宮.jpg
私事ですが、先日冷蔵庫に入っていたアゲを二枚食べ、
妻に大目玉をくらいました。
雨、風を制御するのと同時に、妻も多少は制御したいと思っております。
サンプラザホームのアークシリーズとは?
ark_logo.gif
注文住宅なら筑紫野市の
サン・プラザホーム南支店へ
つでもご相談下さい。
サン・プラザホームへのお問い合わせはこちらから