ブログBlog

[ 福岡東支店ブログ ]

ファミリーにお勧め!筥崎宮 夏越祭 7月29・30(土日)

セミが朝から活発ですね。
最低気温も30度切らずに寝苦しい夜が続いていますね。
冷凍庫の中には3人分の氷まくらが保管されている、松江から楽しいお得な情報
今日は、東区の筥崎宮の夏祭りの情報をお知らせします。
とってもリーズナブルなお祭りなので、ファミリーのお財布にも安心です。
土曜日 16:00~22:00
日曜日 12:00~21:00
お勧めは日が暮れた夕方から、特に最終日はかなり安くなります。
筥崎宮の祭りといえば、9月の放生会ですがこれは、専門のお店が出店するので
500円~っていうのが多いですよね。
この夏越祭はお店が地域の町内や会社が出店しています。
ですので、100円~300円 !(^^)!
遅い時間になるとさらに割引も発生します!!
筥崎宮の駐車場も空いているので、楽に停めれますよ。
お勧めは,『ピエトロ』さんが毎年出店しているブース。
今年も出ているはずです。
100円か200円でダーツをしますが、ドレッシングや固形スープなど
たくさんの景品をいただけます。お店で買うよりもお得になりますよ。
家族全員で参加しましょう!
ちょっとここだけ行列になっているので、びっくりします!
常連さんが多いってことですね (*^。^*)
これは多いタイミングの写真かなー?
n5.jpg
o28.jpg【夏越祭/茅の輪くぐり】6月と12月に行われる大祓(おおはらえ)と呼ばれる除災行事で、6月の大祓を夏越の大祓といいます。この時に茅草(かやくさ)で作られた「茅の輪」をくぐる事によって半年間の罪穢(つみけがれ)を祓います。 この起源については「蘇民将来の神話」に基づくものと考えられ、「旅の途中で宿を乞うた武塔神(むとうのかみ=素戔嗚尊すさのおのみこと)をもてなした蘇民将来に対し世に疫病が流行ったならば、腰に茅の輪をつけていれば疫病から免れる事ができると教えた」との故事に由来しています。
くぐり方は「水無月の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という歌を唱えつつ、左回り・右回り・左回りと8の字を書くように三度くぐり抜けます。この神事を通して、心身ともに清らかになり暑い夏を乗り越えてあとの半年を新たな気持ちで迎えます。
(画像と本文は筥崎宮のHPより転載しています)
サン・プラザホームへのお問い合わせはこちらから