住まい創りのこだわりConcept

木造在来工法の家

木で造る家づくり

サン・プラザホームでは構造材に木を使用しています。永い年月、林業家の手で大切に育てられた木材は構造材として日本の家づくりには最適だと考えています。木は伐採後から強度が増してきます。多くの繊維からできた木材は適度にしなり、ねばり強い特性があります。又、湿度が高い日本では木自体が湿気を吸放出し、最適の状態を保とうとする性質があります。住宅の構造材に使用する太さの木材は火災にあっても表面が炭化するだけで芯まで燃え尽きることはありません。鉄骨では一定の温度以上に達すると急激に強度が低下しますが、木材は鉄骨に比べ火災や地震に強く、また自然素材で人にも優しい材料です。木は住む家族の安全と健康を守ってくれます。

木材イメージ

木造軸組工法

日本古来の伝統的な建築工法のため在来工法と呼ばれることも多い木造軸組工法。在来工法は基礎の上に土台を乗せます。土台は一番地面に近い位置に配置するため、より湿気に強い油分を多く含んだ桧やヒバ材を使用します。土台の上に柱を建て、その上に梁を掛け渡します。横揺れに対し建物の歪みを少なくする為に柱の間には斜に筋違(すじかい)を入れ補強します。構造規制が2×4構造に比べ少ないため、デザインや間取り、様々な敷地の条件にあわせ柔軟に対応できます。また、将来、ご家族のライフスタイルの変化により増築などのリフォームが必要な場合でも、筋違の入った壁以外であれば自由に開口できる特徴があります。

従来工法イメージ

木造在来工法と地震・火災

天災に対しての強度や安全性は現在の家づくりにおいてとても重要な部分です。木造の住宅はコンクリート造りの家より地震に弱いと思われていますが、重さあたりの比強度において優れている木材で造られている木造住宅は、建物の重量が鉄筋コンクリートの家より軽くなります。地震のエネルギーは重さに比例して重い建物ほど大きなエネルギーがかかってきます。軽い木造住宅のほうが地震の力にうまく抵抗することができます。又、火災の時、木造は燃えやすいと思われがちですが、表面が炭化するだけで燃え尽きることはなく、鉄骨のように一定以上の熱に対しても強度がおちる心配がありません。しかし、火災において一番恐いのは火や熱より煙りです。

火災時には速やかに逃げる避難経路などの確認も住宅においても必要です。

揺れの違いイメージ

快適に暮らすための家づくり

断熱ドア・サッシ

建物の壁・屋根・床の断熱を高めると窓や玄関などの開口部からの断熱欠損の割合が大きくなります。しかし断熱欠損を抑えるために窓のサイズを小さくしたり、開口を少なくすると採光や通風が悪くなります。当社では断熱性の優れたドアや高断熱サッシをご提案しています。採光・通風を考え快適に暮らせるご提案をいたしております。

断熱ドア・サッシイメージ

高気密と24時間計画換気

断熱性の高い住宅でも、室内で多量に水蒸気が発生するのを放置したり、暖房する部屋と暖房しない部屋が存在したりすると、空気中に放出された水蒸気が非暖房部に集中して、結露が起りやすくなってしまいます。結露を防ぐには、家中の温度をほぼ一定に保ちながら、余分な湿気を計画換気によって排出するしかありません。断熱性の高い住宅は少ないエネルギーで家全体を暖めたり冷やしたりすることができますが、その効果をさらに高めるために必要なのが気密性です。また気密性が高くても断熱性能に欠ける住宅は、熱が一度こもると室内が温室のようになり不快な住宅となります。気密性能と断熱性能のバランスが快適な居室を実現させます。

24時間計画換気イメージ

暑さ対策を考えた断熱施工

暑さの原因の一つである灼けた屋根からの熱を遮断する施工として当社では屋根の真下で断熱を行う屋根断熱・小屋裏で断熱を行う小屋裏断熱のご提案を行い夏場の暑さ対策のご提案を致しております。施工方法や断熱材の種類はご予算や全体の断熱に合わせご提案を致しておりますのでスタッフにお尋ねください。

断熱施工イメージ
屋根断熱イメージ

屋根断熱:例1 屋根断熱

屋根の真下に断熱材を施し断熱を行う屋根断熱。屋根材と断熱材の間には通気層があり、湿気や屋根の熱は通気層を通じ外部に排出されます。

小屋裏断熱イメージ

屋根断熱:例2 小屋裏断熱

小屋裏で断熱を行う小屋裏断熱。屋根断熱同様屋根と構造体の間には通気層を設け、小屋裏に侵入した熱を外部に逃がす小屋裏換気が施されます。

※この他ご予算に合わせご提案致しております

寒さ対策の床断熱・基礎断熱

当社では寒さの原因の一つである床下からの寒気を軽減するために床下断熱・基礎断熱をご提案致しております。

床下断熱・基礎断熱ともに1Fの底冷えを軽減するため、暖かい室内をご提案できます。床下断熱・基礎断熱のご提案に関しては全体の断熱やご予算に合わせご提案を致しております。

床断熱・基礎断熱イメージ
基礎断熱図面

基礎断熱図面

気密パッキンにより外気が床下へ侵入するのを防ぎ、基礎コンクリートに直接断熱材を施し、コンクリートを蓄熱材とする基礎断熱工法。主に外断熱工法の際にご提案を致しております。

床下断熱図面

床下断熱図面

基礎パッキンにより外気を床下へ流入させ、床下に断熱材を施し寒気を軽減する断熱床下断熱工法。主に柱間での断熱施工の際ご提案致しております。

通気工法について

当社では、屋根材・外壁材と構造体の間に通気層を設けた通気工法を採用しています。壁面から軒、屋根から棟換気につながってます。通気層には常に空気が流れ、水蒸気が断熱材と外壁材の間に侵入しても速やかに外部に排出されます。

また夏場外壁材や屋根材が太陽の熱により加熱されても、通気層により熱が緩和されます。通気層で熱を緩和させ、さらにその内側に断熱材を施し快適な室内環境を実現させます。

通気工法イメージ 通気工法概略図
サン・プラザホームへのお問い合わせはこちらから